エキップ > ピックアップ事例 > もち料理 きた村

もち料理 北村

kitamura-after1.jpg  

 

築約100年の元お茶屋で、先代がもち料理とおばんざいの店を始めたのが起源という「もち料理 きた村」

 

京都の町屋の歴史を感じながら、バリエーション豊かなもち料理をはじめ、洗練された季節料理と銘酒を楽しめます。

 

 

  

 

 Before  

 

二階の大広間は川沿いが一面開放的なガラス張りになっており、四季折々の表情豊かな鴨川を一望する事が出来ます。

一方で木造家屋に見られる隙間風やガラスを通じて室内に伝わる冷気による寒さ対策に、長年お困りでした。

 

そこで、窓際全面に熱源があれば解消できるのではないか?と弊社ヒーターをお探し頂きました。

  kitamura-before2.jpg

  

 

kitamura-after2.jpg

 

 

 After

 

約8m窓下一面に暖カウンターを全面設置。

弊社スタッフも大工さんと打ち合わせながらベストな位置を模索し、意匠的にも鴨川の眺望を妨げる事無く、建物の雰囲気にマッチした仕上がりに。

「もち料理 きた村」の安全性、機能性、デザイン性を統合し、お客様に満足いただけるおもてなしをしたいという妥協しない気持ちにより一新された大広間。

  

 

ご主人の北村様にも、「大変満足!」という嬉しいお声を頂けました。

 穏やかで暖かい空間の中で川の景色を楽しみながら頂く食事は絶品ではないでしょうか。

 

担当スタッフの声

「大袈裟ではなく、エアコンの効きが一変しました。何度も窓際席に座らせて貰いましたが足元もしっかり温もり、良いご提案ができたかなと思います。」

  kitamura-after3.jpg

暖カウンター ラインナップ

prev next
ページトップ